スポンサーリンク

HSBCブラジルレアル建債券の償還がされ、結果としては損失で終わりました

資産・貯蓄

2014年に購入し、2019年に償還されたブラジルレアル建債券。

どんな商品かもよく分かりませんでしたが、物は試しと購入してみました。

そして結論から答えると、損失を出して終えました。

スポンサーリンク

ブラジルレアル建債券とは

名前の通り、ブラジルの通貨であるレアル建ての債権です。
魅力的なのはその利回りですが、為替の影響を受けて損得が出てくる商品です。

購入後に円安になると私が得をし、円高になると私が損をします。

ブラジルレアル建債券の購入金額と毎年の利金

購入価格:236,250円

償還価格:146,400円

年に2回の利金の合計額

受取利金額
2015年15,525円
2016年11,613円
2017年13,507円
2018年12,099円
2019年5,514円
合計58,258円

償還金額と利金の合計金額は204,658円で結果としては3万円近い損失となりました。

昨年の8月時点でも中間報告として危惧していましたが、結果は変わりませんでした。

この債券への投資をして考えておくべきことは何か

購入時の2014年時点で考えていたのは、20万円という金額を投資して、失敗してもそれで良い、ということでした。

年間(確か)9%の利金があります!という宣伝はインパクトがありましたが、どうしても”怪しい”と捉えてしまいます。

なかなか9%という利回りはないですからね。

また、こうした投資への経験がないまま定年を迎え、安全資産だということで退職金を入れる可能性もあります。

安定して毎年お金が入ってくることを想像してしまいますし、債券って安全資産のようなものだと感じますし。

結果としては購入しない方が良さそう

半年ごとにもらえる利金は嬉しいものでしたが、ついに円高が続いたまま2019年を迎えました。
為替は苦手だし、よく分からないなと改めて感じます。しかもブラジルという遠く国のことだと尚更かもしれません。

まだ会社への投資のほうが肌に合うと感じています。

コメント