2021年の投資方針 投資信託で積立が基本です

資産・貯蓄

2021年に入り1ヶ月が経過しようとしています。

2020年はコロナで生活も市場にもかなりの変化があった1年となりました。投資の話だと、年初に予定していた事とは全く異なる投資をしてきました。投資信託への積立は継続しながら、個別株へはめちゃくちゃな売買をしてきました。利益が出た銘柄もあれば、損をした銘柄もあります。

スポンサーリンク

年末はお金の使い方を妻と話し合いませんでした!

年末年始は妻のお金のことについて話すのが恒例なのですが、今年はその機会を持ちませんでした。

例年はこんな話をしているのですけどね…

  • 妻から、1年間の貯金の状況について
  • 私から、1年間の資産増減について
  • 私から、投資している銘柄や配当金について
  • 私から、子供の積立NISAについて

この数年間、資産は順調に増えてきているのですが、自分の一人よがりになっているような気がして止めました。私から切り出さなければ、妻から話そうと進めることもないですし、いつも「はーい了解」、「いいよ」ぐらいの返事ですから。

本当に考えないといけないのは、お金のことではなく、夫婦関係なのかもしれません…

さて、2021年の投資方針です。

投資信託への積立を基本とします

今までと変わらず、我家は投資信託の積立投資が基本です。ツイッターでは配当金や個別株のことを多くつぶやいていますが、積立NISAとジュニアNISAを利用しての積立投資が私の投資の中心です。

2021年も今までと変わらず、年間240万円を積み立てます。

  • ・妻と私の積立NISAで年間80万円
  • ・息子二人のジュニアNISAで年間160万円

投資先は米国株インデックスを中心としています。その他全世界や新興国向け投資信託も積立していますが、日本は投資対象としていません。

積立合計金額は1,000万円近くとなりました。現時点では含み益が出ていますけれど答え合わせは20年近い未来のことです。その時に、S&P500が5,000ドル、6,000ドルになってくれると嬉しいですね。

ジュニアNISAは2021年が積立ての出来る最後の1年間となりました。2人合わせて160万円をきっちり積立てたいと思います。

個別株への投資はどうするか

2020年は米国株への投資を増やしました。計算してみると1,000万円くらい増やしていますから、思い切ってみたものだなぁと自分でも感じています。今、コロナショックのような出来事が起こったら、落ち着いてはいられませんね。

今までは配当金目当ての投資を行ってきましたが、2020年はFacebookやMicrosoft、Teslaといった配当金なしの大型銘柄やZoom、Zoominfo、Royalty PharmaといったIPO間もない銘柄へも投資をしています。

配当金狙いの投資について

2020年は配当金目当ての投資家が、かなり伸び悩んだ市場だったと思います。それまでは配当金全盛期だったようにも感じます。

それがコロナ課で一変し、金融相場となり、Zoomに代表されるようなグロース株がどんどん伸びていった1年でした。一方で、高配当と言われている銘柄は、減配をする企業や配当なしとなった銘柄もあります。業績が戻らず、株価も軟調な銘柄も多くあります。

そんな中で、Altria、Exxon Mobile、Johnson & Johnson、3M、Southern Companyといった高配当・連続増配企業は引き続き購入しました。

その結果、2020年の配当金受取額(税引後)は50万円弱となりました。

私は配当金を得られることは好きです。含み益は幻ですが、配当金は確定されたお金です。ですから、まだまだこうした銘柄への投資は継続していきます。

高配当銘柄への投資は減配などの注意は引き続き必要だと感じています。それを覚悟しておく必要があることを、肝に銘じておきたいです。

値上がり益狙いの投資について

いわゆるキャピタルゲイン狙いの投資ですが、2020年から始めました。

売買をしてきたのは様々な銘柄でFacebook、Microsoft、Teslaといった大柄銘柄から、Teladoc Health、CrowdStrike、DocuSign、Fastly、Zoominfo、Royalty Pharmaというツイッター上で話題になった中小グロース銘柄やIPOへの売買をしてきました。

特に中小グロース銘柄やIPO銘柄向けでは、初めは数万円~20万円くらいの金額で入ります。そこで利益がのってきたら買い増しをしていきます。投資金額が少ないうちは、短期間で株価が上下したとしても、大きな損益にはならないのです。

こうした銘柄に資産を集中投資している人は、肝が据わっているのか、無謀なのか、私には到底真似が出来ません。

今は金融相場と言われており、こうした銘柄が上がりやすい相場のようです。引き続き、情報を集めながら投資をしてみたいと思います。

まとめ

基本は240万円の投資信託積立を行い、必要に応じて個別銘柄投資を継続していきます。

投資に加えて、月々の収入と支出は投資を続けるために大切なことだと思いますので、こちらへも注意を払いたいながら生活していきたいです。

このような記事もいかがでしょうか。

資産・貯蓄
スポンサーリンク
自己紹介
ユーセフ

都内に勤務する30代のサラリーマンです。2015年に一人目、2017年に二人目が生まれ、家族4人で生活しています。
相互リンクやコメントは歓迎ですので、コメント頂けますでしょうか。

投資判断、資産運用は自己判断でお願いします。

ユーセフをフォローする
30代のお金や子育てとか

コメント