30代2021年末の金融資産、銘柄などの記録

金融資産額の公開

年末は一つの区切りとして、2021年末の保有金融資産額を残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

2021年3月に準富裕層到達

2021年3月に資産5,000万円準富裕層に到達しました。

これが今年のハイライトですね。

金融資産の内訳について

その後も資産は増えており、2021年末には約6,000万円に到達しています。

数年前に立てた計画では、2021年末には資産4,000万円に到達出来ていれば良いと想定していましたので、それを大きく上回る資産になっていることは嬉しいですし、間違いなく投資を続けていた成果です。

資産2021年(円)2020年(円)2019年末(円)
現金11,337,499
(18.8%)
11,370,210
(26.2%)
17,555,705
(47.8%)
株式32,962,791
(54.6%)
22,924,452
(52.9%)
12,908,692
(35.1%)
投資信託16,023,666
(26.6%)
9,039,893
(20.9%)
5,643,051
(15.4%)
FX0
(0.0%)
0
(0.0%)
625,327
(1.7%)
合計60,323,956
(100.0%)
43,334,555
(100.0%)
36,732,775
(100.0%)

『2020年には現金から株式や投資信託にかなり突っ込んだ1年になりました。』と、昨年のまとめで書いたのですが、そこで突っ込んだ株式や投資信託が増えた1年になりました。

一つ気になるのは現金比率が26.2%(2020年)から18.8%(2021年)に減っていることです。現金総額が減っているわけではないので、今の所気にしていませんが、リスクが高くなっていることは確かです。

今から株安&円高が来ようものなら、今ある株式と投資信託を合わせた約5,000万円の資産が3,000万円に減ってしまうこともあるでしょう。

保有している株式について

金融資産の中の株式について、保有している銘柄を記録として残します。

今年から投資信託をグラフに追加してみました。投資信託はほぼ米国インデックスファンド(S&P500等)への投資と思ってもらえれば問題ありません。

こう見ると、まだまだ銘柄数は多いように感じますが、2021年を通して個別銘柄を売却し、VYMやQQQといったETFを購入してきました。

2020年から2021年はハイパーグロース銘柄と呼ばれている銘柄を多く触ってきましたが、年末にはある程度整理できたと思っています。

保有している投資信託について

投資信託は積み立てNISAとジュニアNISAの積立が大きいです。

大人2人と子供2人分の積み立てをしているため、年間240万円を積み立てています。ジュニアNISAについては、2022年が積み立て最後の年になりますから、NISA口座の限度額いっぱいを利用しますよ。

ジュニアNISA2人分の投資はまとまった金額になってきました

以上、少し早いですが2021年の年末の報告を終了します。

来年もよろしくお願いいたします!

金融資産額の公開
スポンサーリンク
自己紹介
ユーセフ

都内に勤務する30代のサラリーマンです。2015年に一人目、2017年に二人目が生まれ、家族4人で生活しています。
相互リンクやコメントは歓迎ですので、コメント頂けますでしょうか。

投資判断、資産運用は自己判断でお願いします。

ユーセフをフォローする
30代のお金や子育てとか

コメント