30代前半家族の保有資産額公開

資産・貯蓄
資産、現金

我が家では現金、株、投資信託、債券、FXに資産を振り分けていて、毎月資産を確認しています。

毎月って大変じゃないの?とも思いますが、お金に対する関心や感度は一定に保っておきたいので、毎月月初の週末に確認するようにしています。

それくらいの時間は使っても良いです。

順調に増えていればもちろん嬉しいですが、逆に増えていないと、気持ちとしてはヘコミますが、

どうして減ってしまったのか、株価が下がったのか、支出が多かったのか、

などの原因を見つけることは様々な理解につがなると思っています。

 

スポンサーリンク

30代前半家族の資産

30代の平均貯蓄額

資産と貯蓄は明確には意味が違うのかも知れませんが、

資産運用をせず貯金の多いと言われている日本では、ほぼ同じ言葉と捉えて良さそうです。

 

金融広告中央委員会による「暮らしんなんでもデータ」によると、2016年の世帯貯金額の平均は395万円です。

預貯金223万円、保険96万円、株33万円、その他33万円です。

 

我家の資産

2018年6月末の資産は下記のとおりです。

 

資産保有金額割合
現金17,374,829円58.6%
株式8,456,838円28.5%
投資信託3,534,758円11.9%
債券142,690円0.5%
FX139,180円0.5%
合計29,648,295円100%

 

平均と比較すると、早くから資産形成に取り組んだ結果でしょうか、額面では平均額を上回っています。

そして我家には保険での積立がないのが特徴かもしれません。

 

また現金の割合が59%近くありますが、我家の資産の中では現金が少しずつ減ってきており、株や投資信託への割合が増えています。

現金に余裕が出てきたので、資産の中から投資に回す割合を少しずつ増やしているところです。

投資金額の適正な割合

投資に回すお金はどれぐらいの割合が適正か?リスクはどれぐらいが適切なのか?という事は、

自分の資産や家族の状況を確認しながらよく考えています。

正解はないですが、ウェブを見渡すと『100から年齢を引いた分を投資にまわす』とみかけます。

例えば、年齢が35歳であれば、65%を投資に回すという考え方ですね。

 

それでいくと、我が家は保守的なのかもしれません。

上記の割合だと現金は35%ほどの保有であとは投資にお金をおいても良いのかもしれませんね。

 

蛇足ですが、ジョギングの時にこの株に投資しようだとか、大体の現金比率をこうしようといった発想が湧いてくることが多いです。

 

家族のための投資割合への考え方

『投資は余裕資金』でという言葉もウェブやブログではよく見かけます。

もちろん、私もそう感じます。

家族・子供を持っていれば尚更ですが、投資を続けていくために、

私がしたことは、2年間分の生活費を現金で貯めておくこと、でした。

もし私に何かがあったとしても、その現金で当面のうちは家族の生活を続けていくためのお金の準備です。

我が家の支出は一月30万円と考えて720万円を準備しました。

もちろんその間にも、少額ずつ投資は継続しながらです。

 

また、もし私がまだ独り身だったら、私達夫婦がDINKSだったら、今からでも65%でも80%でも金融商品へお金を振り分けたいですが、

守りながら投資を続けていくために、1500万円くらいは現金を残しながら、残りのお金で金融商品を購入したいと考えています。

 

コメント