30代前半の家族持ちで念願のアッパーマス層に到達

資産・貯蓄

7月末の資産を計算したところ、めでたく3,000万円を8万円ほど超えており、

30代前半でアッパーマス層に入ることができました。

 

アッパーマス層とは、野村総研が定義する保有金融資産の序列のうちの1つで、純金融資産保有額(保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた値)に基づく世帯階層として、次のように分類されています。

 

・超富裕層    :5億円以上

・富裕層     :1億円以上5億円未満

・準富裕層    :5,000万円以上1億円未満

・アッパーマス層 :3,000万円以上5,000万円未満

・マス層     :3,000万円未満

 

割合としては、超裕福層が0.1%、裕福層が2.2%、準裕福層が6.0%、アッパーマス層が12.9、そしてマス層が78.8%です。

割合のとおりなのですが、おそよ80%近くの人がマス層です。

 

いつからこのアッパーマス層という定義を知ったのかは忘れましたが、

ここへ入ることは一つの基準だと思っていましたので、

30代前半で、しかも夫婦子持ち家庭で到達できたことは嬉しいです。

一つ前の記事で2018年6月末時点の資産が2,900万円超でしたので、もしかしたら到達できるかも?と思っていて、7月末に無事到達できていました。

30代前半家族の保有資産額公開
我が家では現金、株、投資信託、債券、FXに資産を振り分けていて、毎月資産を確認しています。 毎月って大変じゃないの?とも思いますが、お金に対する関心や感度は一定に保っておきたいので、毎月月初の週末に確認するようにしています。 そ...

今後も金融資産の変動があるので、3,000万円を下回ることはありますが、今この時点では、確実に資産は3,000万円を超えています。

 

スポンサーリンク

3000万円という金額は大金持ちではないが安心できるお金

3,000万円という金額は、普通のサラリーマンにとっては大きな額です。

ネットで株や資産のブログを書いている人は、同じ年代で同程度の資産をもっている人をみかけますが、

実際に会社の同僚や友人たちはどうなのでしょうね。

私は直接の交友関係には株やお金の話はあまりしないので、そのあたりは分かりません。

 

最近、投資用アカウントのインスタをはじめましたが、インスタのほうが普通の支出や貯金額近いような気がしています。

ブログでよく見かける特に毎月の支出は、夫婦子持ちでは、どうやったらそんな数字になるのか、

全く分からない人たちが多くいます笑。

 

3,000万円という資産を持っていても、住んでいるのは築30年超の賃貸ですし、なにか贅沢をしているわけではありません。

また、子供2人の教育費や自分たちの老後の生活までを支えることができるお金の量ではありません。

 

ただ、今から当分の間は何不自由なく生活を送ることのできる金額ですし、

余裕資金で株や投資信託を購入して、そこからの配当金や利益を狙うことはできそうです。

 

20代、30代で多くのお金・資産があることが大切

50代、60代になってアッパーマス層に入っていても、もちろん嬉しいのだと思います。

その後も20年、30年と長い期間を生きていかないといけませんから。

子育てをやりきり、その後の生活を考えると余裕のある金額だと感じます。

 

でも30代という年齢で、それなりのお金があることが大切です。

これからのマンション購入や子供の教育に向けてある程度、自分達のやりたい選択肢が選べるぐらいの金額だと思っています。

 

子供がいるので、仕事をすぐに辞める、という発想にはなりませんが、

このお金を元に投資を増やしていき、複利の力でお金に働いてもらいながら不労所得を増やしていくことを実践していきます。

 

こちらも参考にしてください。

3000万円を貯めるためには、まずは毎月の貯金からがスタートです。

20代から初めた貯金の方法
私は社会人2年目の時、お金が全くないことにすごく不安を感じていました。 金融商品に投資をする以前の問題で、まずは貯金ができないといけませんでした。 なにしろ、その時に持っていたUFJのクレジットカードからキャッシングをしていたく...

 

複利についてはコチラの記事へ。

複利を再投資して効果的に資産を増やそう
複利の効果を実感することはなかなか容易ではないです。 配当金でさえも、結局は「今いくら持ってるの?」で支払われる配当額が変わります。 例えばですが、配当金が5%の株を購入した場合は、 ・10万円なら5千円 ・100万...

 

コメント