AT&T【T】からの配当金

株式投資 外国株

AT&Tは継続的に配当を出している会社で、私は2018年に購入しました。

継続的に配当をしているだけではなく、34年間増配という投資家にとっては安心感のある銘柄です。

米国株を始めに当たり、配当利回りが6%台と高いことと、この増配実績から購入に至りました。

 

スポンサーリンク

AT&Tの配当金

AT&Tの配当金推移です。(英語ページにとびます)

https://investors.att.com/stock-information/historical-stock-information/historical-dividends/att-inc

 

よくよく見てみると、配当金が下がっているときが何度かあります。

増配銘柄という記載は多く見かけますが、これは株式分割などがあったからでしょうか。

何か分かりましたら、また追記をしたいと思います。

 

AT&Tの株価

T : Summary for AT&T Inc. - Yahoo Finance
View the basic T stock chart on Yahoo Finance. Change the date range, chart type and compare AT&T Inc. against other companies.

 

 

この5年間の株価を見ていると直近では下落をしているように見えます。

リーマンショックで24ドル付近でしょうか。

 

AT&Tからの配当金受取額

2018年からAT&Tを保有していて、年に4回配当金を頂く予定です。

 

受取配当金額保有株数
2018年24,520円(215.66)ドル300株
合計24,520円(215.66)ドル

 

今年からですが、年に4回配当金が受け取れるには嬉しいですね。

現在(2018年10月20日)での配当利回りは6.8%程と高い利回りとなっています。

また、2008年のリーマン・ショック時にもしっかりと増配しているところが、

日本株にはない安定感を感じます。

 

AT&Tの3つの事業

AT&T Communications(79.2%)

企業や一般消費者への通信事業を行っている事業です。

日本でいうNTTやNTTドコモのような事業ですね。

 

Warner Media(17.9%)

2018年に買収が決定した事業です。

CNNやワーナーブラザーズなどの映画事業が有名ですね。

 

AT&T Latin America(4.0%)

ラテンアメリカでも同じような事業を展開しています。

 

まとめ

AT&Tは配当利回りが6%を超えている銘柄です。

購入したのは2018年なのでこれからの配当が楽しみです。

特に米国株は年に4回配当金をもらえるので、それも嬉しいですね。

 

10月の下落時にも買い増しをしましたので、これからは1年間で6万円ほどの

配当金をもらえる計算をしています。

米国株購入にあたりEPSなどの指標が改めて大事だと気づきましたので、

記事の中にEPSやその他の指標も今後は確認していきたいと思います。

最近気になる指標となってきたEPSと配当性向について
米国株を今年から始めて、そして配当金を重視した投資を中心をしていこうと決めて、 このEPSと配当性向という言葉に、ようやく注目し始めました。 株式投資を始めて10年ですので、遅いくらいなのでしょう。 いかに勉強をおろそかに...

コメント