スポンサーリンク

投資している米国株の営業キャッシュフローマージンについて

株式投資 日本株

株式投資をする際に大事な指標として、営業キャッシュフローマージンがあるようです。

私は株式投資を初めて数年間の間、この言葉は知りませんでしたが、いくつかの銘柄での上場廃止や米国株投資をしている中で、営業キャッシュフローマージンという指標の大事さを感じてきました。

特に2019年3月のクラフト・ハインツの減配時に、米国投資家の間ではこの営業キャッシュフローマージンのことが取り上げられていました。

スポンサーリンク

営業キャッシュフローマージンとは

営業キャッシュフローマージンとは、分母を売上高、分子を営業キャッシュフローにした財務分析指標です。

営業キャシュフローマージン(%)=営業キャッシュフロー÷売上高×100

よくPL(損益計算書)などの利益はお化粧が出来ると言われていますが、キャッシュは誤魔化しが聞かないと言われています。

そのため、企業がしっかりと儲かっているかを確認することができます。

保有している銘柄の営業キャッシュフローマージンを確認

現在私が保有をしている米国株とJT(全体の中で保有比率が高い)の営業キャッシュフローマージンを確認します。銘柄はAT&T、BTI、BA、JNJ、MMM、VISA、そしてJTです。

銘柄2016年2017年2018年
AT&T24.0%24.4%25.5%
BA11.2%14.2%15.2%
BTI32.6%27.3%42.0%
JNJ27.9%27.5%27.2%
MMM22.1%19.7%19.7%
VISA37.0%50.2%61.7%
JT17.6%19.6%20.8%

この中ではBA(ボーイング)が低いと感じますが、大体15%以上あれば良いと言われているので、他の企業が突出しているという印象です。特にVISAはすごいですね。

まとめ

本来であれば四半期ごとの決算を確認しながら、同時に営業キャッシュフローマージンも確認したほうが良いのでしょうけれど、大きくは年に2度の確認している状況です。

私は投資先についての厳格なルールはないのですが、こうした指標をきちんと確認しながら、納得感を持って投資をしていこうと思います。

EPSも大事だと感じています。

コメント