今から18年後に向けて、子供のための貯金をジュニアNISAで積み立てる

資産・貯蓄

我家には2人の息子がいます。

今は長男が数字を20くらいまで数えれるくらい。

また財布を欲しがっていたので、財布を購入し、

その時の持ち合わせていた小銭を説明しながら渡しましたが、まだ分かっていないようでした。

100円でアンパンマンのラムネが買えた、とかそういう経験です。

我家ではクレジットカードや電子マネーでの決算が多いので、

子供へのお金についての知識はこれから考えながら、教えてみたいです。

 

さて、今回は、子供に対する貯金、おもに教育資金についてですが、

私が今考え、実践していることを書いてみたいです。

スポンサーリンク

まずは5年間で400万円を投資信託へ

まずは子供一人あたり、5年間で400万円分の投資信託を購入しようと考え、実践しているところです。

勘の良い方ならすでに分かると思いますが、これはジュニアNISAを目一杯活用した金額です。

 

年間80万円を2人分なので、年間160万円とかなりの金額です。

ジュニアNISAという制度で年間の非課税枠が80万円ですが、私は正直高額だと感じています。

例えば年間の非課税枠を40万円で10年間の期間が設定されたりすると、

家計も余裕が持てると思うのですが。。。

 

現在はこの制度で運用されているので、非課税枠は可能な限り使います!

 

デメリットは子供が18歳になるまで引き出せないこと

デメリットの一つはジュニアNISAを使って購入した金融商品は、

子供が18歳になるまでずっと口座に置いておく必要があるということです。

災害などの場合は特例的に引き出すことができるようですが、

子供のためにジュニアNISAを使うと、あとは18歳になるまでは寝かせておくのが原則です。

 

総額800万円というと、まとまったお金です。

我家ではこの子供のためのお金を、過去の貯金から出しています。

毎月の児童手当や給与とは別枠で、私達夫婦が以前から貯金してきたお金を

優先的にジュニアNISAに回すことで、この非課税枠のメリットを十分に受けたいと考えています。

 

400万円を20年近く寝かしておいて、どういう結果が出るのかはリスクもありますが、楽しみです。

 

もし年間80万円という積立が難しくても、私は学資保険で月1万円積み立てるなら、

こちらのジュニアNISAを利用して、5年間で60万円を積み立てるでしょう。

もっと言うなら、学資保険で0歳から18歳まで月1万円を積み立てようとするなら、

その200万円近い金額を、なんとかこの5年間で用意することはできないか、と考えます。

 

購入は週に1度、インデックス投資信託

子ども2人分のジュニアNISAを使い、週に1度、以下の投資信託を購入しています。

・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)・・・1万円

・SBI-EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド・・・5千円

・楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド・・・5千円

 

以前は、大和のiFree S&P500インデックスを購入していましたが、

eMAXIS SlimシリーズからS&P500が出たタイミングで切り替えました。

少しでも信託報酬を下げるためです。

また週に1度、1万円での設定だと年間80万円に達しませんので、

気になった時に追加購入する予定です。

 

まとめ

早くに投資信託の購入が出来ると、複利効果も望めます。

複利を再投資して効果的に資産を増やそう
複利の効果を実感することはなかなか容易ではないです。 配当金でさえも、結局は「今いくら持ってるの?」で支払われる配当額が変わります。 例えばですが、配当金が5%の株を購入した場合は、 ・10万円なら5千円 ・100万...

 

この投資が終わったあとは、教育資金のことは考えないかもしれませんし、

また何かを始めるかもしれません。

まずは、制度を上手く利用して、コツコツと積み立てをしていきます。

 

コメント