転職をすることで年収は増えるのか。いや、年収を決定するのはどの会社に入社するかが大事。

仕事

我家も皆さんと同じように平日は働いていて、毎月のお給料とボーナスが主な収入源です。

当然ですが貯金=収入-支出なので、いかに収入を増やして支出を減らすか、

で貯金の額が大幅に変わってきますよ。

とっても当たり前です。

 

スポンサーリンク

所属している会社によって年収が大幅に変わる

社会人を10年近く過ごしてきた感覚ですが、普通の人は能力によってというよりも、

所属している会社によって年収の幅が変わります。

学生時代の私は、そうしたことは全く分かっていませんでした。

仮に分かっていたとしても、性格的におそらく耳には入っていなかったと思うくらい、

能力さえあれば、どの会社でも年収は伸びていくと考えていましたから。

このあたり、地方でのほほんと暮らしてきて世間知らずな面が垣間見えます、笑。

 

社会人になり3社目の会社を経験していますが、

世の中には10人の会社を経営する社長よりも多くの給与をもらっている平社員がいることが分かりました。

 

夢や目標を社員に伝え、お客さんに伝え、日々会社をどう運営していこうか考え、

労働時間の規制に当てはまらない社長の給与よりも、

上司への不満はたくさんあり、自分のしたくない仕事はしない、

就業時間内でも暇そうな人のほうが給与を多くもらっている場合もあります。

 

転職をしてみると、世の中には色々な会社があることが分かってきます。

大切なのは自分の就業観や生活の価値観ですから、どちらが正解ということはないですが、

多くの人にとっては、同じ仕事をしていても、待遇の良い会社を上手く見つけるセンスは大事なのでしょう。

 

就職・転職の時に簡単に待遇を確認するポイント

ブロガーさんの中で若くして多額の貯蓄のある方は、家賃補助や社宅のある会社に入社する、

もしくはそうした制度があるので会社を決めた、という人がいます。

「お金の貯まる家計にするには、会社選びの時点から既に勝負は始まっている」という言葉を見た時には衝撃を受けました。

私にはそうした価値観は全く持ち合わせていませんでしたから。

 

住宅手当の他にも簡単に確認できるとすれば、

・平均年齢

・平均年収

これが分かればある程度の年収が掴めます。

 

四季報などにも載っており、本屋などでも簡単に確認できます。

最近は「転職の書き込みサイト」にも年収などがはっきり書かれています。

お金の取られるサイトもありますが、自身の生涯年収を決める事なのでしっかりと確認したいものです。

 

さいごに

とはいうものの、私は働くことにはそれなりに価値を見出したい人間だと思っています。

すべてがお金で決まるわけではなく、どんな面白い経験が出来るかということや、その時の出会いも大切にしながら、働く先は決めていきたいものです。

 

コメント