配当金を年間100万円受け取るためには3000万円ほどは資産を用意したい

株式投資 日本株
配当金

自分で初めて個別株を買ったのは2012年です。

当時は今ほどお金がありませんでしたが、なんとなく思っていたことは「配当金を重視する」ことでした。

100万円あったら、年間配当が5万円近くもらえるかも、と考えながら営業で外回りをしていたことを覚えています。

 

2012年はアベノミクスが始まる年で、まだ株価が安く、5%を超える配当利回りを多く見かけていたので、

もし1000万円あれば毎年40万円近くの配当金をもらえるようになるんだな、と考えていました。

 

スポンサーリンク

配当金の目標金額は年間100万円

現在の配当金は年間20万円ほどで、これは給与1ヶ月相当です。

仮に配当金が100万円ですと年間5ヶ月分の賞与をもらえていることになります。

100万円で生活をしていくことは出来ませんが、賞与が5ヶ月分増えるって魅力的ですよね。

 

その配当金100万円を追加投資とすると、さらに配当金は3万円程度増える。

いわゆる複利で力を得ることが出来ますし、それなりのまとまったお金を得ることができます。

 

複利の力で運用をしていきたいとずっと考えていますけれど、

それが難しい理由の一つは、配当金額が少ないから、ではないかと思います。

何千円、数万円の配当金をもらっても、追加で購入できる銘柄が少ない。

そのために複利の力を得にくいような印象を持っています。

 

では配当金を100万円もらうために必要な資金はというと、私は3000万円は必要だと思います。

配当金の税引き後の利回りが4%とすると、理論上は2500万円を投資に回します。

残りの500万円は、何かのときのために現金で残しておきます。

 

しかし、この時の怖さは2500万円の1%が25万円であり、仮に株価が5%動けば100万円以上のプラスやマイナスが1日の中でも起こりうることです。

 

30代で1000万円を資産運用しているときの変動額リスクついて
我家では金融商品の運用額が1000万円を超えています。 少し前ですが、30代前半家族の保有資産額公開で2018年6月時点の状況を公開しています。 最近、気にし始めたのは、金融商品の増減額が1ヶ月の間でも、1日の間でも大き...

 

5%の変動はたまにあるように思いますが、1日で年間のボーナスがふっとびますから!

 

不労所得が増えることは安心につながる

それでも不安が増えるというよりは、配当金をもらえることは安心につながります。

もちろん株価の下落や減配のリスクはありますので、どの銘柄を買うのかということは考えないといけません。

そこは最近は日本株よりは米国株の購入なんだろうな、と感じています。

 

配当金のような給料以外のお金が入ってくることに、こうしたお金の増やし方もあるんだな、と感じたものです。

 

不労所得ですし、年間の貯金目標には入っていないお金なので、

妻とは旅行のお金に使おうかとか、何か欲しいもの買ってもいいよ、なんて話をしてしまいがちです。

ただ、正直に書くと、以前は配当金を増やしたい一心でしたので、5万円使って旅行に行くなら投資をして、

まずは配当金を増やしたいという気持ちが強くあった時期もあります笑。

 

若い頃から資産形成する

転職や結婚という人生のライフイベントをきっかけに、思ったよりも早くに資産1,000万円を達成することが出来ますし、

今後はこのお金をどう上手く活用し、増やしていくか、という事に関心が向いています。

できるだけコツコツ積み上がっていくような投資を目指して、今後も良い時期に株を仕込んでいこうと思っています。

 

若いうちにお金を貯めることは、早くに自分の地盤をしっかりさせることに役立ちますね。若くして配当金重視で投資をしている方のブログです。

 

まぁすごいです。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみた

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた
14歳から為替取引、27歳から株式投資。30歳でのセミリタイアを目指します。

配当金を得るためには、当然ですがその元となるお金が必要です。私達のようなサラリーマンは、毎月の給与やボーナスをなんとか貯めて、投資をしていくことが大事だと感じます。

 

こちらもどうぞ。

20代から初めた貯金の方法
私は社会人2年目の時、お金が全くないことにすごく不安を感じていました。 金融商品に投資をする以前の問題で、まずは貯金ができないといけませんでした。 なにしろ、その時に持っていたUFJのクレジットカードからキャッシングをしていたく...

 

まだ道半ばですが、30代前半で3,000万円のアッパーマス層に入りました。

30代前半の家族持ちで念願のアッパーマス層に到達
2018年7月末の資産を計算したところ、めでたく3,000万円を8万円ほど超えており、 30代前半でアッパーマス層に入ることができました。 アッパーマス層とは、野村総研が定義する保有金融資産の序列のうちの1つで、純金融資...

コメント