スポンサーリンク

配当金を年間100万円受け取るためには3000万円ほどは資産を用意したい

配当金

自分で初めて個別株を買ったのは2012年です。当時は今ほどお金がありませんでしたが、なんとなく思っていたことは「配当金を重視する」ことでした。

もし100万円あったら配当金が年間5万円近くもらえる、なんて考えながら外回りの営業をしていたことを覚えています。

2012年は年末からアベノミクスが始まる年でした。そのため、上記のような想像をしていたときはまだ株価は安く、5%を超える配当利回りを多く見かけていたので、もし1000万円あれば毎年40万円近くの配当金をもらえるようになるんだな、と考えていました。

スポンサーリンク

配当金の目標金額は年間100万円

現在の配当金は年間30万円ほどで、これは給与1.5ヶ月分です。仮に配当金を年間100万円受け取れているとすると、5ヶ月分の賞与に近いお金をもらえることになります。100万円で日々の生活をしていくことは出来ませんが、給与が5ヶ月分増えるって単純に魅力的ですよね。

その配当金100万円を追加投資したとすると、配当金はさらに3万円程増えます。いわゆる複利の力でお金を得ることができます。

複利の力を利用して運用をしていきたいと長い間考えているのですが、それがなかなか難しいと感じています。その理由の一つは、「配当金額が少ない」ということが理由の一つだと感じています。

何千円、数万円の配当金を受け取ったとしても、その金額で購入できる銘柄が少ない。さらには受け取れる配当金額も微々たるものです。そのために複利の力を実感しにくい印象を持っています。

外国株への少額投資は環境が整ってきた

数万円の配当金の再投資先ですが、最近は問題なく再投資ができる環境が整ってきているように感じます。最近は米国株への投資を行っていますが、買付手数料の最低額については引き下げが行われてきました。

また外国株は1株からの購入ができるので、配当金の2万円分を再投資することに関して、手数料負けせずに購入を行うことができます。

それでも2万円分のなので税引き後で3%の配当金だったとすると、年間600円ほどにしかなりませんが、塵も積もれば…ということなのでしょう。

配当金を年間100万円受け取るには3000万円は必要

では配当金を100万円もらうために必要な資金はというと、3000万円ほどは用意したいです。 配当金の税引き後の利回りが4%とすると、理論上は3000万円で120万円の配当金を受け取ることができます。

ただ、3000万円と言われると、それはムリ!と拒否してしまいそうな金額ですよね。しかし、ここは地道にお金を貯めていくしか道はありません。

100万円を配当金で受け取ることにリスクもある

良いことばかりではありません。100万円を配当金で受け取るために、3000万円近くのお金を運用するとすると、当然リスクが発生します。

この時の怖さは3000万円の1%が30万円であり、もし株価が5%動けば150万円近い金額が1日の間で上下することも起こりえます。

5%の変動はたまにあるように思いますが、1日で年間のボーナスがふっとびます。

不労所得が増えることは安心につながる

それでも、 配当金をもらえることは安心につながります。もちろん株価の下落や減配のリスクはありますので、どの銘柄を買うのかということは考えないといけません。

そこは最近は日本株よりは米国株の購入なんだろうな、と感じています。配当金のように給料以外のお金が入ってくることは、いろいろなお金の増やし方があることを実感させてくれます。

不労所得になりますし、年間の貯金目標には入っていないお金なので、妻とは旅行のお金に使おうかとか、何か欲しいもの買ってもいいよ、なんて話をしてしまいがちです。

ただ、正直に書くと、以前は配当金を増やしたい一心でしたので、5万円使って旅行に行くなら投資をして、まずは配当金を増やしたいという気持ちが強くあった時期もあります笑。

若い頃(20代)から資産形成することの大切さ

転職や結婚という人生のライフイベントをきっかけに、思ったよりも早くに資産1,000万円を達成することが出来ましたし、今後はこのお金をどう上手く活用し、増やしていくか、という事に関心が向いています。

できるだけコツコツ積み上がっていくような投資を目指して、今後も良い時期に株を仕込んでいこうと考えています。若いうちにお金を貯めることは、早くに自分の地盤をしっかりさせることに役立ちますね。若くして配当金重視で投資をしている方のブログです。

まぁすごいです。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみた

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた
14歳から為替取引、27歳から株式投資。30歳でのセミリタイアを目指します。

配当金を得るためには、当然ですがその元となるお金が必要です。私達のようなサラリーマンは、毎月の給与やボーナスをなんとか貯めて、投資をしていくことが大事だと感じます。

こちらもどうぞ。

10年後に配当金100万円を達成したいです

まだ道半ばですが、30代前半で3,000万円のアッパーマス層に入りました。

コメント