株価が暴落する中で投資信託を追加購入

株式投資 外国株

2018年10月10日、11日と米株は暴落しました。

10月10日と11日のダウ工業株30種平均は1300ドル安と、大幅に下落しました。

朝、起きてスマホを手に取り、株価チェックから私の一日が始まるので、何かあったかな?という印象でした。

ダウ平均が下がった翌日10月11日は日経平均も下げ、世界的な株安の日となりました。

まさに、米国がくしゃみをすると世界が風邪を引く感じです。

今朝、12日のダウ平均の様子を見ていると、落ち着いたみたいですね。風邪治ったかな?

 

スポンサーリンク

株価の暴落時に思うこと

朝起きて株価チェックして、の流れの中で、驚いた!ということにはなりませんでした。

私の今回の損失は大体50万円ほどで、金融資産のおそよ5%ほどの下落でしたが、感覚としては所許容範囲です。

ウェブ上では、大損!○十万円!多くて1,000万円を超えている方も見かけましたが、

長く市場にいる人にとっては、たまにある下落と捉えているような気がします。

 

少し前に投資アカウントを作ってインスタを始めたのですが、

こちらにいる人たちのほうが今回の下落に対して過剰に反応しているように感じます。

買うなら米国株だ!という中で、息巻く中での今回の下落ですから。

 

私も株の初心者からは抜け出したのかも、という気持ちとともに、

市場にいることの大事さと慣れに対する怖さも身にしみますね。

 

暴落を受けてジュニアNISAで投資信託を追加購入

今回の暴落を受けて、1日目は特に何も思いませんでしたが、

今年のジュニアNISAの枠が余っていることを思い出し、

日本時間の12日の朝には米国株の投資信託を追加購入しました。

息子2人分の枠を使い、合計で50万円ほどです。

 

ジュニアNISAに関しては、毎週1万円を積み立てて購入していますが、

今年分の枠の80万円がすべて埋まりきらないので、どうしようか考えていました。

今から買うのももったいない気がしますし、円高や株価下落などがないかな、

と思っていたところだったので、迷わず追加購入をしました。

 

時間軸が長いので楽観的に購入が出来る

これが吉と出るか凶と出るかは分かりません。

落ちるナイフを拾いに行く行為かもしれませんが、楽観的でいられるのは、

1ヶ月、1年という単位でプラスである必要がない、ということです。

 

ジュニアNISAだからという訳ではなりませんが、

長い目で見て、10年、20年後にプラスになっていれば良いという判断で購入をしているので、

このような下落の場面で拾っておくことに大きな不安は感じません。

 

こういう時に米国株は安心して買うことが出来る投資先だなと思います。

 

コメント