スポンサーリンク

投資は気持ち慎重に、ただし納得感を持つことが大事と再確認

株式投資 日本株

今年は2010年以降から比べると楽観的に株を購入してきました。

そうした中で2018年12月は10%近く日経平均でもダウ平均も下げており、今年多くの買い増しを行った私は、まずいタイミングで投資したかなぁとも感じてます。

おそらく12月だけで100万円ほど保有している資産が下落しているため、現在の状況を手放しに喜べませんが、それでも今後もバイ&ホールドで投資は続けたいと思います。

スポンサーリンク

楽観的に投資を進めている背景

楽観的に進めている背景は、子供が生まれてからの収入と支出が把握できていて、保有している全資産がそれなりの金額になったからというという理由が一番大きいです。

これまで新卒、一人暮らし、DINKS、第一子、第二子と暮らしの状況が変わっています。

一人暮らしのときには、低収入でもちゃんと家計管理をして、貯金をしないとという気持ちがありました。今から思うと本当に少ない収入で、なんとかお金を増やそうとして見出したのが配当金でしたね。

結婚後のDINKSでは、転職をし入は平均以上となり、またマンションや保険のことも考え始めました。二人のお金という意識も強く、投資については無理をせずに、まずは貯金を増やそうという考えがありました。

第一子、第二子出産があると、妻の収入が減るということや単純に子育ての費用が増えること、また私が妻に万が一のことがあったときに数年間は家族が安心できるお金がほしいと考えていました。

ここにきて家族が増えた中でも安定した収入と支出が分かるようになり、また保有している資産が3000万円前後に届いたことが、楽観的に投資を勧めてきた理由のように感じます。

では、どんな何が納得感になっているかというと

いくつかの要素がありそうです。

全額を投資に回すのではなく現金の最低保有額を決めておく

我家の現金は1500万円ほどです。

現在はもう少し下げても良いかと考えていますが、現金と金融資産の割合は50%ほどでしょうか。それでも以前に比べると現金の割合が減ってきました。

この金額に特に根拠はなく、今まで慎重にきた結果がこの金額です。

投資をすると配当金を受け取れる

配当金という、いわゆる不労所得は投資をしないと受け取れません。

配当金は株価よりも数字が読みやすいので、継続して高配当である企業か増配が続いている企業への投資をしていきたいです。

長期で投資している感覚を持つ

目先の下落が続いていると気持ちとしても滅入りますが、やはり長期で投資をしている感覚を持つことでしょう。

私達は20年後に利益が上がっていれば良いわけなので、目の前の下落よりも20年後を見据えて投資をすれば良いと考えています。

ただ、すぐに買い増しに動くかというと、気持ち慎重になりながら機会を伺います笑。

株価が大幅に下落している時のまとめ

この記事を書き始めるまでは、この下落の損失額にしか正直注目できていませんでした。

幸い家計が大きく崩れたわけではなく、あくまでも一時的に資産が減ってしまったと捉え、今後も投資の機会を伺いたいと思います。

218年は積極的に投資をしていました

コメント