スポンサーリンク

ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】からの配当金と企業業績

株式投資 外国株

JNJの増配の歴史は57年と長期に渡ります。長い間、配当を出し続け、しかも増配をしている企業への投資は安心感を持つことができます。

多くの人にとってジョンソンエンドジョンソンは馴染みのある企業でしょう。バンドエイドは、ジョンソンエンドジョンソンが製造・販売をしている商品名かつ登録商標です。絆創膏という名前よりも、バンドエイドという商品名が日常の会話の中に溶け込んでいることが面白いですね。

スポンサーリンク

JNJの配当金

JNJの配当金推移です。(英語ページにとびます)

Dividend History | Johnson & Johnson
The Investor Relations website contains information about Johnson & Johnson's business for stockholders, potential investors, and financial analysts.

1972年からの配当金記録が掲載されていますが、毎年増えていることが分かります。それにしても1972年からの配当金を掲載している企業を、初めてみかけました。

JNJの株価

Johnson & Johnson (JNJ) Stock Price, News, Quote & History - Yahoo Finance
Find the latest Johnson & Johnson (JNJ) stock quote, history, news and other vital information to help you with your stock trading and investing.

この5年間の株価を見ていると基本的には右肩上がりで上昇しています。2020年2月にコロナウイルスを発端の株価下落がありましたが、JNJは回復していく時も早く感じますから、保有していて安心できる銘柄です。

JNJからの配当金受取額

JNJは2019年から保有しており、年に4回配当金を頂く予定です。

受取配当金額保有株数
2019年14ドル10株
合計14ドル

どの米国株にも言えることですが、年に4回配当金が受け取れるのは嬉しいですね。

2020年4月の配当利回りは2.7%程です。決して高配当とは言えませんが、業績が安定していることと、増配の年数が長いことで保有しています。

JNJの事業

JNJは製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業です。バンドエイドや綿棒、ベビーオイルなど家庭で使われる製品から、医療機関で使用する医療機器、薬剤、薬なども製造・販売しています。コンタクトレンズのアキュビューなども製品の一つですね。

消費者向け製品

バンドエイドなどの傷ケア製品、タコ・魚の目などのフットケア製品、綿棒、リステリンなどのウォッシュケア製品、赤ちゃん含めたスキンケア製品やアキュビューのような使い捨てコンタクトレンズなどのビジネスです。

医療機器

外科手術、洗浄・消毒・滅菌・感染予防、心臓疾患、整形外科、脳神経外科の領域の医療用機器のビジネスです。

医薬品

がん、免疫疾患 、精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)、ワクチン 、代謝・循環器疾患の5つの疾患領域の課題に取り組んでいるビジネスです。

JNJの企業業績について

売上、営業利益と営業利益率について

2015年に減少をしていますが、貯金では順調に増加しています。営業利益率も20%前後と高い数字となっていますね。

一株当たり利益(EPS)、配当金、配当性向と増配率について

EPSに関しても、順調に伸びていることが分かります。2017年のEPSが低いのは税制改革の影響です。そのため、配当性向もグラフを突き抜けた数値となっています。

増配率は5%~7%の辺りで推移しています。60年近く増配を続けながら、5%前後の増配があることはうれしいですね。

営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフローと営業キャッシュフローマージンについて

営業キャッシュフローマージンは20%を超えていますので、キャッシュフローは安定しているでしょう。

まとめ

JNJは増配し続けている銘柄で、経営も安定しているため今後が楽しみな銘柄です。ただ、配当利回りを重視している私のような方にとっては、なかなか手が出ない銘柄ではないでしょうか。

2020年2月の下落時に感じたことは、長期で安心できる銘柄を持つことだとも感じました。なかなか買いづらさはありますが、保有数を増やしていきたい銘柄です。

他の米国銘柄VISAです。

今後は米国株への投資を中心に行う予定です。

長期保有をしながら配当金を増やしたいです。

コメント