スポンサーリンク

日本たばこ産業(JT)【2914】からの配当金と企業業績

株式投資 日本株

日本たばこ産業(JT)は継続的に配当を出している会社です。私はこの銘柄を2018年に購入しました。というのも、配当利回りが高くなっていたので、安定配当を期待して購入しました。タバコ株を購入したのはJTが初めてです。

元々は配当金に注目して投資をしたJTですが、業績も確認しておきます。利益を確保できないと企業としての存続ができません。また、JTに関しては株価下落よりも、減配にならないでほしいという気持ちが強い銘柄です。

スポンサーリンク

日本たばこ産業(JT)の配当金

JTの配当金推移です。

配当情報 | JTウェブサイト
JTのIR情報を掲載しています。

配当は16年連続で増配していましたが、2020年の配当金は増配・減配のない同額での配当金の予想が出ています。

近年の増配と2018年から2019年の間の株価の下落で、配当利回りは一時7%を超えていました。7%と配当利回りとなると、税引き後でも5%を超えますから、かなりの高配当と言えます。さすがタバコ銘柄です。

JTの株価です。

日本たばこ産業[2914]の株価・株主優待など。
【たばこ国内製造独占】海外たばこが成長。食品・医薬も展開。 この企業の最新ニュース、業績、株価・株主優待、配当利回りをワンストップで提供。

2019年9月までは下落が続いていました。2019年12月時点は回復してきていますが、株価の今後の動きは注意しておかないといけません。

居酒屋で喫煙が出来なくなるなど、国内の喫煙家にとっては居場所のない状況が続いていて、国内のタバコ売上本数は前年度比10%ほどのマイナスで推移しているのも確認できています。

日本たばこ産業(JT)からの配当金受取額

日本たばこ産業(JT)の配当金受取額

私は2018年からJTを購入しましたので、2018年から配当金受け取っています。

受取配当金額保有株数
2018年35,859円600株
2019年97,058円1,300株
合計132,917円

私の保有銘柄の評価額でJTは1番大きな銘柄です。配当利回りも高いため、一度に受け取れる配当金の額が大きいです。願わくば減配することなく、今後も安定した配当があることを期待します。増配を続けて!という欲は言いません。

日本たばこ産業(JT)の配当金の受取り時期

配当金は中間決算と期末決算に分かれています。

配当金の受取り時期ですが、12月の期末決算時は3月下旬、6月の中間決算時は9月上旬でした。

日本たばこ産業(JT)の事業

JTの全社業績としては2兆2,160億円と前年度比3.6%の増収です。

海外たばこ事業(59.2%)

ロシアやフィリピンなどでの買収効果のために販売数量は前年度比7.3%増の4,276億本となりました。

数量もですが、売上としても前年度比6.4%の1兆2,507億円と伸びています。

JTは海外の会社買収も積極的だと感じますし、今後も国内よりは海外での売上比率が増えてくるのでしょう。

アジア諸国は私個人でも訪問を多くしており、これから人口増加と喫煙者増加は止まらない気がしています。

国内たばこ事業(28.0%)

国内のたばこ販売市場はかなり苦戦していると感じます。

国内手の紙巻き販売数量は前年度比11.7%減の820億本となり、国内のたばこの売上本数は順調に減っていることが分かります。売上総額は5,824億円と前年度比1.4%のマイナスです。

私自身は非喫煙者なので、たばこ喫煙者が減ることは良いのですが、JTには別の収益を確保してもらいたいです。

プルームテックの販売が開始されて、アイコスとの差がどうなるのか気になるところです。

うちの社内でも一時期「まだタバコ吸ってるの?」と、喫煙者がアイコス吸いながらよく言ってました。

医療事業(5.1%)

新薬開発の事業です。

こちらは売上は前年度比8.9%の1,140億円と順調に伸びているようです。

現在7品目が臨床開発段階にあり、今後の可能性を感じます。

事業の多角化でこうした事業もはじめたようですね。

加工食品(7.3%)

テーブルマークを中心に冷凍麺や冷凍米飯、パックご飯などを提供しています。

私が子供のころには、桃の天然水は有名でしたけれど、今はサントリーが扱っています。

こちらの売上は前年度比1.1%減の1,614億円と売上が減少していますが、さらに、原材料費の高騰により、利益も前年度比では23.6%減という数字でした。

日本たばこ産業(JT)の企業業績について

売上、営業利益と営業利益率について

売上はここ数年はほぼ横ばいで推移しています。また、営業利益率は20%~30%の間で推移していますので、とても高い数字です。今の所心配はなさそうですが、2019年決算では今までと比較すると若干営業利益率が下がっています。

一株当たり利益(EPS)、配当金、配当性向と増配率について

次にJTの一株当たりの利益(EPS)と配当性向を確認します。配当金は会社の利益から配られているものなので、年度毎に利益が出ているのかを確認してみます。

EPSが下がり、配当金が増えていますので、配当性向の割合が増えてきています。配当金が増えることは株主としては嬉しいですが、企業として利益を出せていないとそのうちタコ足配当となり、最悪な結果としては減配が起こってしまう可能性は気になります。

配当性向は2018年は70%近く、2019年は更に高くなり80%近くとなっていますので、今後、多くの増配は見込めないように感じます。2020年の配当性向は90%近い予想となっていました。

増配率は2019年は2.7%と低い数字となりました。2020年は現状で増配なしと予想されています。JTに関しては増配はなくても減配だけは避けてもらいたいです。

営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフローと営業キャッシュフローマージンについて

営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフローを見る限りでは問題ないように感じます。

営業キャッシュフローマージンとは、営業キャッシュフローから売上を割った%の数字です。 この値はここ数年間は20%前後をキープしており、こちらも問題ないと感じます。

まとめ

JTに限らず、たばこ会社は配当利回りの高い会社が多いです。 米国株でもフィリップ・モリスやアルトリア、ブリティッシュ・アメリカン・タバコなどは高配当株として知られており、私は海外のタバコ銘柄ではBTIを保有しています。

コカ・コーラやタバコは新製品の開発費用が比較的安く抑えることができ、利益を上げやすい体質だと思いますので、保有銘柄のセクターが偏りすぎることなく、今後も購入していきたいです。

配当金を増やしていきたいです。

配当金のカテゴリー一覧はこちらです。

配当金
「配当金」の記事一覧です。

同じタバコ銘柄のブリティッシュ・アメリカン・タバコからの配当金です。

コメント