スポンサーリンク

スリーエム【MMM】からの配当金

株式投資 外国株

MMMは継続的に配当を出している会社で、しかも増配を続けています。その年数はなんと60年という本当に長期に渡り、増配を続けています。

この60年間増配という年月は投資家にとって、かなり安心感のある投資先だと感じます。もちろん、近年の売上や財務状況は確認しないといけませんが、渡しの場合はこの記録を信頼し、投資に踏み切ったといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

MMMの配当金

MMMの配当金推移です。(英語ページにとびます)

3M - Stock Information - Dividends

2019年11月現在は2013年からの配当金記録が出ていますが、きれいに増加していますね。

MMMの株価

3M Company (MMM) Stock Price, Quote, History & News
Find the latest 3M Company (MMM) stock quote, history, news and other vital information to help you with your stock trading and investing.

この5年間の株価を見ていると直近では下落をしています。一時220ドルほどだった株価のときには、さすがに購入できないと考えていました。2019年5月ごろから業績への不安が広がり株価が下落しています。

リーマンショック時の株価は50ドルほどです。その後、2012年末頃に100ドルだった時期があり、現在に株価となています。

MMMからの配当金受取額

MMMは2019年から保有しており、年に4回配当金を頂く予定です。

受取配当金額保有株数
2019年50ドル30株
合計50ドル

どの米国株にも言えることですが、年に4回配当金が受け取れるのは嬉しいですね。

現在(2019年11月20日)での配当利回りは3.3%程です。決して高い利回りではないですが、増配が続くと考えると十分なのではないでしょうか。

2008年のリーマン・ショック時にもしっかりと増配しているところが、日本株にはない安定感を感じます。

MMMの事業

MMMは米国を代表する化学・素材のコングロマリット企業です。

事業部門としては5つの事業部門に分けられます。

インダストリアル

時代のニーズを先取りした多彩な製品がさまざまな産業分野で活用されています。

ヘルスケア

医療から食品関連まで幅広くカバーし、健康と安全への要請に応えています。

セーフティ&グラフィックス

建築、サイン、ディスプレイから社会の安全まで幅広い分野で暮らしを支えています。

コンシューマー

暮らしに密着した製品群が便利で快適な毎日を支えています。

エレクトロニクス&エネルギー

技術革新の波を捉え、新しい時代を支える製品を提供しています。

まとめ

MMMは配当利回りをみると、高いとはいえない銘柄です。しかし、その増配記録は60年を記録しており、この記録を崩すことはあまりないのではと考えます。

購入したのは2019年なのでこれから長期保有し、配当を楽しみにしたいと思います。

他の米国銘柄AT&Tです。

今後は米国株への投資を中心に行う予定です。

コメント