目的や目標が明確でないと貯金なんてなかなか出来ない

資産・貯蓄

貯金をすることの目的は様々あります。

子供の教育資金、住宅購入資金、老後資金は一般的なところでしょうか。

加えて、お金があることで安心感を得られるという人もいると思います。

 

将来のことなので、不要なことかもしれませんが、

私は自身の両親や妻の両親、またお互いの兄弟・姉妹にも幅を広げて、

もしかしたら私達が面倒を見ないといけないと思い、

そのために必要な準備をしないと、と考えています。

 

スポンサーリンク

世の中にはリサーチされた魅力的な商品が出回っている

少し話は逸れますが、貯金の反対の行為はお金を使うことです。

そしてこの時代、様々な層のニーズに合わせて、それこそ個人がある程度満足できるような商品が多く出回っています。

 

夕食一つを取ったとしても、お金がないなら200円でかけうどんを食べていれば良い、

800円で定食を食べることも出来ます。

少し余裕があるなら4,000円使って、誰かと飲みに行っても良いですし、

たまにの贅沢なら1万円を超えるレストランに出掛けても良いです。

私の発想や経験ではこのくらいのもので、世の中には夕食にもっとお金をかけることも出来るでしょう。

 

何が言いたいかというと、その人の収入に合わせて、”そこそこ”満足の出来るものが溢れかえっているわけです。

 

だからこそ、自分たちが何をしたいのかを分かっていないと、

その”そこそこ”の誘惑にすぐにつかまってしまいます。

 

目的や目標がないと貯金はつらい

だからこそ、将来的な目的や目標がないと貯金はツラいです。

買いたいものも買えない。食べたいものも食べれない。

会いたい人とも会えないというよりは、

いつでも自分の好きなものを買って、

好きなものを食べることが出来てほうが良いですよね。

 

私が描いているのは”今”ではなく、”将来”の生活です。

 

・貯金が出来、資産ができれば、希望するマンションが買える。

・投資額が増えて、配当金が増えれば、旅行や好きなものが買いやすくなる

・両親や兄弟・姉妹が困った時に、ダメージを少なくできる

 

ポジティブとネガティブの両方の理由がありますが、そのための貯金です。

ここが腹に落ちていないと、貯金をすることの優先順位は落ちてしまう気がします。

 

サラリーマンなら年数を必要とする

そして、普通のサラリーマンなら、そうしたお金が1日や1ヶ月、数年続けたとしても貯まらないことを私達は知っています。

 

それでも、私が社会人3年目ぐらいの時に始めた1ヶ月3万円の先取り貯金。

この3万円がなければ、今の3000万円はないと思うのです。

 

毎月コツコツと積み上げていくことでしか、私達の目標に到達する方法はないのです。

 

 

20代から始めた貯金の方法を紹介しています。

20代から初めた貯金の方法
私は社会人2年目の時、お金が全くないことにすごく不安を感じていました。 金融商品に投資をする以前の問題で、まずは貯金ができないといけませんでした。 なにしろ、その時に持っていたUFJのクレジットカードからキャッシングをしていたく...

 

ツイッターもやってます ⇒ ユーセフ

サラリーマン投資家ブログのランキング

資産・貯蓄
スポンサーリンク
ユーセフをフォローする
自己紹介
関東在住
ユーセフ

名前:ユーセフ
年齢:30代前半
一言:都内に勤務する30代のサラリーマン。2015年に一人目、2017年に二人目が生まれ、家族4人で生活しています。
相互リンクやコメントは歓迎ですので、コメント頂けますでしょうか。

投資判断、資産運用は自己判断でお願いします。

ユーセフをフォローする
30代のお金や子育てとか

コメント