スポンサーリンク

妊娠中の妻が切迫早産で緊急入院した際の差額ベッド代について

家族・子ども

妻が緊急で入院しました。

少し具合が悪いと聞いていましたが、まさか入院するまでとは思ってもみませんでした。夕方から総合病院に搬送されて、そのまま入院が決定しました。妊娠中であるにも関わらず、甘くみていた自分が 恥ずかしいです。

スポンサーリンク

入院初日の病院:妻は大丈夫そう、でも差額ベッド代が・・・

妻から入院したと連絡が入った際は出張中だったのですが、その時点で仕事を切り上げ、病院に到着した時間は夜の10時頃。 幸いにも事態は軽く、安静にしていれば良いという話でした。

1日目

なんだ良かった。出産時に備えて保険にも入っているし、こういう時のための貯金だから、大丈夫。差額ベッド代?ハハハ!入院?お金のことなんて心配せずに、お前は体のことだけ心配しろ!と意気揚々と妻に話していました。

ただその搬送された病院というのは、とても有名な病院で差額ベッド代の額が半端なさそうなのです。。。

「少し高そうな病院だよ」と入院費のことを心配している妻から話を聞いても、「普段行きたいて言ってる星野リゾートだと思って、入院しておきなよ笑」と私は楽観的に考えていました。

時間も23時を過ぎたため、受付に行き帰ろうとしたところで、入院の申込書や入院の為のパンフレット等を頂きました。そこに目を通していると、なんと差額ベッド代の最低金額が30,000円オーバーと書かれています。

驚愕でした。。。

先生からは「おそらく1周間は入院です」と言われていたので、差額ベッド代だけで20万円コースです。。。

入院初日の帰宅後:帰宅後に作戦を考える

病院名で検索をかけると、知恵袋で同じような相談があるし、やはり公式サイトを見ても30,000円を超えている値段です。

さて、、、どうしようか。

まずは以前読んだブログを思い出しました。

いつか子供に伝えたいお金の話
■差額ベッド代とは(入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?・その1)

「入院時の差額ベッド代は支払わなくて良い」、そんな話は聞いたことがありますし、実際入院を受け、お世話になっている保険の担当者に相談したところ、そのようなことを言っていました。
ただ、上記のブログを呼んでいると、相手の対応がすこぶる悪くなりそうです。妊娠をしている、ということを考えると、病院側と上手くいくのは避けたい所です。

そのため、妻の容態が落ち着いた所で転院ができるかを考え始めました。転院が出来るのかどうか、友人の看護師に相談しましたが「聞いたこと無い」という返事。

それでも1日30,000円の出費は痛い、痛すぎる。安静にしていれば問題なさそうなので、この線で病院側に交渉しようと決めました。

入院2日目の病院:病院と交渉

2日目、改めて病院へ行き入院の手続きを行いました。

そしていよいよお金の話へ。ここは都内でも有数のセレブリティ病院、お金のことで相談するのは恥ずかしいと思いましたが、恐る恐る聞いてみました。

私「あの、差額ベッド代ですけれど、ここの病院では何泊も出来そうにありません。出来れば妻の容態が落ち着いたら転院を考えているのですが、そうしたことは可能でしょうか。」
主治医「あ、大丈夫ですよ。産科病棟は差額ベッド代はかかりません。」
私「え!?( ゚д゚)。。」

そう、産科病棟だけはかからない、という回答でした。
そんなことはどこにも書いていないし、口頭でのやりとりなので不安ですが、とりあえず一安心しました。

うーむ、個室でシャワーも付いているし、普段利用しないので釈然としませんが、言われた通り請求を待ってみます。”差額ベッド代はかからない”と言われているのですが、心配しながら1周間過ごすことになりそう。

ただ、大事なのは妻の体調ですね。友人からは「一番不安なのは奥さんだよ」と言われてますし、 無事退院して元気な子供を産んで欲しいです。

入院数日後:退院と請求について

妻が入院してからの2週間は、平日は仕事で出張、土日は妻の入院する病院へ通い、気づけばGWに入りました。

退院は妻の様子を見ながら前日に確定し、退院後に体へ負担がかからないようにするため帰省しました。

結局妻は、2週間病院で過ごしました。
残念だったのは5月1日が退院日だったため、4月中の退院だったら高額医療費制度で限度額決まってたのになぁと思う私は最低野郎です。

入院費用的としては25万円ほどを支払いましたが、おそらく10万円くらいは戻ってくるでしょう。

心配していた差額ベッド代はいくらだったか

さて、気になる差額ベッド代ですが、費用はかかりませんでした!素晴らしい。

そして今回手厚い対応をして下さった病院に感謝したいと思います。その病院とは、中央区にある聖路加国際病院( http://hospital.luke.ac.jp/ )でした。

それにしても、こうした機会じゃないとお世話になれないような病院でした。

妻としても至れり尽くせりの入院生活だったと思います。

妻の妊娠と入院について

しかし、切迫早産なんて今まで聞いたこともありませんでしたが、案外多そうですね。聞いたことないというよりは、気にしたことがなかったという方が正確だと思います。動いてはいけないという制約のある中で妻の実家に到着しましたので、あとはゆっくり過ごしてもらいたいです。

こうした入院や出産、お金のことで読んでいるのは『ママと子供とお金の話』という本です。


マンガなので読みやすいので、妻と読みながら知識を得ています。

コメント